関西学院大学
KSC(神戸三田キャンパス)
KOBE SANDA CAMPUS, Kwansei Gakuin Universtiy

理系4学部が誕生次代を拓く
Borderless Innovatorを育成

2021年4月、関西学院大学の神戸三田キャンパス(以下、KSC)に、理学部、工学部、生命環境学部、建築学部の4つの理系学部が誕生します。

KSC再編のスローガンは「Be a Borderless Innovator」。KSCを拠点とする総合政策学部との連携を強化し、その“ボーダレスな学び”と“イノベーターの育成”を理系4学部にも広げ、文理横断型の人材育成に力を注ぎます。イノベーションの創出やSDGsの達成には、自然科学のみならず人文・社会科学の知見が必要不可欠であり、学部学科の垣根はもとより、文系・理系の境界を越えた学びが求められます。

その他にも、象徴となる取り組みの一つが、「アントレプレナー育成プログラム」です。理学部を母体とし、総合政策学部の経営学や知財、会計、マーケティングなどの科目や、日本IBM株式会社と共同開発した「AI活用人材育成プログラム」などと組み合わせることで、起業を大学としてバックアップしていく予定です。また、ボーダレスに国境を越えた学びをさらに充実させるため、海外研修科目を拡充し、フィールドワークや実習、 インターンシップなど、バラエティ豊かなプログラムを提供します。さらに、KSCでは国連SDGsの7番目のゴールに掲げられた「Sustainable Energy(持続可能なエネルギー)」を重点研究テーマに設定し、パワーエレクトロニクス、次世代有機EL、人工光合成などの研究が進んでいます。エネルギー研究の一大拠点になるべく研究開発を進めています。

今回の学部再編に伴い、2021年度の入試も大幅に改革されます。理系学部は総合型(3科目均等配点)、数学・理科重視型、併願減額制度を導入。全学でも入試日程の新設や全国各地での受験会場などを整備し、受験機会を広げています。

■「Camping Campus」による新たな学びを創出

KSCを活用した学びのフィールド『Camping Campus』を関西学院大学と、「人生に、野遊びを。」を理念に掲げる大手アウトドア総合メーカーのスノーピークとで展開します。既存の空間や時間の概念も、学生と教職員といった立場の違いも飛び越えたボーダレスで新しい学びの場を創造します。人と人、人と自然とのつながりを取り戻し、学生の自発的な学びを促しながら、サステナブル・エナジーの創出やゼロエミッション(CO₂排出ゼロ)に貢献します。今後は、キャンプの効用を感性工学的な観点で分析する共同研究を行うほか、学生はスノーピーク従業員とともにマイボトルを共同開発し、KSCのペットボトル削減に取り組みます。

■「アカデミックコモンズ」で学習と憩いと学生活動を融合

KSCにあるアカデミックコモンズは、『「学習」と「憩い」と「学生活動」の融合』をコンセプトとする、「学生の学生による学生のための生きた学びの場」です。学生、教職員、OB・OG、学外の人々が出会い、新しい世界を広げながら探求とディスカッションを深め、学びの楽しさを発信しています。共同学習スペースのアクティブラーニングゾーンを中心にラウンジやシアター、プレゼンテーションルームが整い、ノートPCやプロジェクターなどの活動支援ツールも豊富に用意。これまで発展途上国支援、地球環境保護、ものづくり、体験型国際交流提供、政治・政策探求などの多彩なプロジェクト活動が学生主体で行われています。

関西学院大学KSC(神戸三田キャンパス)
関西学院大学KSC(神戸三田キャンパス)
関西学院大学KSC(神戸三田キャンパス)
関西学院大学KSC(神戸三田キャンパス)
関西学院大学KSC(神戸三田キャンパス)
関西学院大学KSC(神戸三田キャンパス)
関西学院大学KSC(神戸三田キャンパス)
関西学院大学KSC(神戸三田キャンパス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です