これが化学の現在形!

暮らしのあらゆる場面で活用されている化学のチカラ。高校でも学んできたなじみ深い学びですが、高校と大学では「深さ」がちょっと違います。
その広大なフィールドに、きっとあなたの興味・関心を叶える専門分野が見つかるはずです。

about
01
あなたの暮らしも実は化学だらけ!
about01
あなたの暮らしも実は化学だらけ!
衣服
毎日着ている衣服にも化学の力は欠かせません。ポリエステルやナイロンといった身近な素材も、代表的な化学繊維のひとつです。
食品
より健康的でおいしい食品をつくるために。食品製造・開発だけでなく、農業や畜産業といった生産現場でも化学の力が活用されています。
インク
プリンターに使われるインクも化学製品のひとつ。光・熱・電気・圧力によって発色する機能性色素など、新たな技術開発も進んでいます。
インテリア素材
軽くて丈夫なインテリア素材、心地よいクッション素材なども化学がカバーする分野。快適な暮らしの中に、多くの化学が潜んでいます。

電気部品
パソコンやスマホなど、精密機械の電気部品も化学の領域。新たなディスプレイ開発の技術となる「有機EL」も注目を集めています。
LED照明
一般的になったLED照明。2014年に青色LED開発で日本人研究者がノーベル物理学賞を受賞しましたが、そこにも化学の貢献がありました。
リサイクル
リサイクルや環境保全は、現在注目されている化学分野のひとつ。新たなエコ素材やリサイクル方法の誕生が待ち望まれています。

毎日着ている衣服にも化学の力は欠かせません。ポリエステルやナイロンといった身近な素材も、代表的な化学繊維のひとつです。
より健康的でおいしい食品をつくるために。食品製造・開発だけでなく、農業や畜産業といった生産現場でも化学の力が活用されています。
プリンターに使われるインクも化学製品のひとつ。光・熱・電気・圧力によって発色する機能性色素など、新たな技術開発も進んでいます。
軽くて丈夫なインテリア素材、心地よいクッション素材なども化学がカバーする分野。快適な暮らしの中に、多くの化学が潜んでいます。
パソコンやスマホなど、精密機械の電気部品も化学の領域。新たなディスプレイ開発の技術となる「有機EL」も注目を集めています。
一般的になったLED照明。2014年に青色LED開発で日本人研究者がノーベル物理学賞を受賞しましたが、そこにも化学の貢献がありました。
リサイクルや環境保全は、現在注目されている化学分野のひとつ。新たなエコ素材やリサイクル方法の誕生が待ち望まれています。

あらゆる分野が
化学のフィールドです

自然界から身の回りの工業製品まで、あらゆる物質が原子・分子で構成されており、それらすべてが化学の学びの対象となります。より便利な生活用品をつくるために、人々の健康を支えるために、環境保護を実現するために、自然界の疑問を解き明かすために̶̶。さまざまな好奇心や目的を叶える舞台として、これ以上可能性の大きな環境はないかもしれません。

about
02
化学系の学部学科ではどんなことを学ぶ?
about02
化学系の学部学科ではどんなことを学ぶ?

高校の化学から
さらに深く学んでいく

身の回りにあるすべての物質は、非常に小さな原子・分子によって構成されています。この原子の組み合わせによって世の中には多種多様な物質が存在していますが、その性質を解き明かし、新たな性質を持つ物質をつくる、というのが大まかな化学の学び。地球上に限られないその広大なフィールドは、可能性や新発見に満ち溢れた領域です。

世界をつくる物質の性質や仕組みを解き明かす
温暖化の仕組み、宝石が綺麗な理由、健康に良い食物の秘密̶̶。地球規模の課題から身近な話題まで、すべては物質が持つ性質に由来しています。そんな物質の性質を追求し、未解明の事実に挑んでいきます。
化学の力でこれまでにない新たな製品を開発する
物質の機能を「知る」だけでなく「つくる」のも化学の役割のひとつ。物質の機能を組み合わせる、物質の機能を制御するといった多様な方法で、暮らしを豊かにする新たな製品を生み出していきます。
about
03
最近注目を集めている化学の分野は?
about03
最近注目を集めている化学の分野は?

人や環境に優しいものづくりが鍵となる時代

あらゆる分野で人や環境に優しい「持続可能な社会の実現」が目標とされており、それは化学分野でも変わりません。そもそも環境保全や人の健康に関わる研究は化学の得意分野であり、加えて自然エネルギーや環境負荷の少ないものづくりなど、化学分野にかかる期待は大きいと言えるでしょう。また女子高校生にとっては生活に欠かせないスキンケア用品をはじめとして、化粧品、食品、薬品、ファッションなど身近なアイテムが数多いのも化学の特徴。2019年にはさまざまな電化製品に使用されるリチウムイオン電池の開発で日本人研究者がノーベル化学賞を受賞しましたが、身近な生活用品を変えるアイデアから、世界を驚かせる大発見まで、多様な可能性を秘めていることは化学の魅力。あなたの興味・関心を活かして、熱中できる研究分野を見つけてみましょう!

環境問題の解決に向けて
環境汚染の原因物質の解明と抑制方法、環境負荷の低い素材の開発、バイオマスなど石油に代わる再生可能原料の発見など、化学からの環境アプローチの方法は多岐にわたります。
ヘルスケアに貢献する
医療分野と連携した研究・開発は、多くの化学系企業が近年注力する分野です。医薬品を中心に、医療用品や機能性食品など、高齢化社会の到来とともにニーズが高まっています。
電子機器の未来を変える
電気・電子分野と化学分野はとても親和性が高い領域です。リチウムイオン電池を代表として、家庭用・工業用を問わず多くの精密機器に高度な化学技術が応用されています。
化粧品は化学技術の集大成!
化粧品の研究開発職は、非常に人気が高いキャリアです。各社が熾烈な商品開発競争が行っているのはご存じの通り。安全性・機能性・商品力など多角的な視点が求められます。
about
04
化学を学んで目指せるキャリアとは?
about04
化学を学んで目指せるキャリアとは?