そもそも「科研費」ってなんですか?

研究を支援するための国による資金援助

科研費とは文部科学省の「科学研究費助成事業」のこと。大学ではさまざまな研究が行われており、そのほとんどが大学教員である研究者の自由な発想に基づく「学術研究」です。研究にはまとまった資金が必要なため、国は希望する研究者に対して科研費を交付し、「学術研究」を幅広く支えています。

厳しい審査を通過した“優れた研究”が対象に

科研費には毎年10万件あまりの応募がありますが、採択されるのはそのうち約25%。研究者が応募した研究計画について7,000名以上の研究者が検討し、厳正な審査を行います。新たなイノベーションを起こす可能性がある研究や、社会のニーズに応える研究など、多種多様なテーマが選ばれています。

科研費採択研究からノーベル賞受賞者も誕生

科研費の対象となる研究は短期的な目標達成よりも長期的な視野に立った研究が多く、その成果が人々の暮らしに大きく貢献しています。例えば、がん免疫治療の開発、オートファジーの仕組みの解明、青色発光ダイオードの発明など、一連のノーベル賞受賞研究も科研費の助成を受けていました。

POINT 大学教員が利用できる研究費は、大きく分けて3種類
大学教員が利用できる研究費は、大きく分けて3種類

科研費のように公募・競合・審査を経て受け取れる研究資金のことを「競争的資金」といいます。大学教員は科研費以外にもさまざまな研究資金を集めて研究室を運営し、学生の指導や自身の研究テーマを追究しています。

競争的資金

競争的資金の5割以上を科研費が占め、ほかに民間の科学研究助成財団の助成金や自治体の助成金などがあります。

企業からの研究資金

企業が自社の商品開発につなげるため、関連する分野の研究者に研究資金を個別に提供するものです。

大学からの研究資金

毎年大学から一定額支給されるもので、おもに研究室の日常的な経費などに使われます。

「科研費」で大学を探すメリットは?

01 パンフレットなどでは見えづらい大学の研究力を知る目安に

大学案内などのパンフレットは大学の情報を幅広く紹介するため、個々の研究室や研究テーマまで掘り下げることがなかなかありません。しかし、科研費の採択実績を調べれば、どの大学が研究力に優れているのかわかりますし、教員の研究テーマまで把握することができます。

02 研究費が潤沢なら学生も思う存分研究に打ち込める

設備を整える、試薬や実験消耗品を購入する、学生を学会へ派遣するなど、研究室の運営にはお金が必要です。国内最大の競争的資金である科研費を獲得している研究室であれば、学習環境が充実しており、学生も教員とともに充実した研究ができる可能性が高いといえます。

「科研費」ってどこで見られますか?

インターネットで「配分」の資料を検索してみましょう

科研費がどの大学や研究機関に配分されているのか、日本私立大学協会や文部科学省のWEBサイトで毎年詳細な資料が発表されています。興味がある研究分野や大学があれば、科研費獲得の視点からもチェックしてみましょう。