大学でかかるお金の話

多くのお金が必要になる大学進学。兄弟のいる人や家計の負担を心配する人にとって進学費用は気になるトピックです。ここでは大学受験~進学で必要なお金の話をピックアップ。大学進学について家族で話をする時の参考にしてください。

分野によって変わる大学の進学費用

医歯系学部>私立理系>私立文系>国公立、というのが必要な進学費用の大まかな順序。また「入学料」は入学時のみ、「授業料」などは毎年必要になるという違いも知っておきましょう。

〈国立私立大学 初年度納付金平均額(昼間部の場合)〉

受験費用を節約するには大学の割引制度を活用

1校あたり3万5,000円程度となる受験料。その節約に活用できるのが、色々な学部に挑戦する機会を増やせるよう大学が行っている出願割引制度です。右の事例を中心に、その内容は各大学でさまざまです。

出願割引ってどんなものがあるの?

■同一大学内での併願割引
同じ大学で違う学部学科を併願して受験する場合に、2つめ以降の受験料が割引されるといった制度。複数の志望分野がある場合に活用したい制度です。

■インターネット出願割引
紙の入学願書ではなくWebサイトを通じて出願することで受けられる割引制度です。一般的になってきたインターネット出願ですが、まだまだ割引を行っている大学もあります。

■被災者支援等の割引・免除制度
災害等の被害にあった地域や家庭を対象とした割引・免除制度です。受験料だけでなく、入学料でも割引・免除が適応される場合があります。

webなどで調べてみよう!

仕送り?アルバイト?お金の工面を計画しよう

受験費用や入学金に加え、特に実家を離れる場合は、進学後の生活費についても事前に計画しておきましょう。慣れない1年目の生活については、ゆとりのある計画が大切です。

一人暮らしの学生に“超人気”の大学学生寮

実家を離れる場合、生活費の節約に貢献してくれるのが大学の運営する学生寮です。利用申請には受付期限があるので要注意。オープンキャンパスで見学会を行っていることもあります。