大学受験について

頑張ってきた勉強の成果が試される大学受験ですが、「入試制度改革」として2021年4月入学者からこれまでと違ったスタイルで実施されることになっています。ここでは受験のおおまかな基礎知識から、その変更点について覚えていきましょう。

いろいろな方法がある「入試形式」って何?

入試と言ってもその試験形式はさまざま。特に私立大学入試では、「共通テスト利用型」や「総合型」など聞き慣れない形式も多く活用されています。勉強を頑張るだけでなく、まずは入試形式の種類と内容について把握しましょう。

私立と国公立では入試はどう違う?

さまざまな入試形式がある私立大学と違い、国公立大学では大学入学共通テスト+大学個別の試験の合計で合否を決めるスタイルが一般的。また共通テストでは7教科を課する大学が多くを占めているので、“英国数理社”をもれなく勉強する必要があります。

主な入試形式の特徴

■一般選抜
学力テストを中心とする一般的な入試形式(国公立・一部私立では共通テストも受験)で、募集人数の割合が一番高め。科目数や得点配分などは、大学によってさまざまです。

■共通テスト利用型選抜
大学入学共通テストの得点を使用する形式で、大学ごとの個別試験を行わないことが一般的。共通テストの受験が必要な国公立志願者が私立を併願する場合などに便利です。

■学校推薦型選抜
私立大学で一般入試の次に多いのが、高校の推薦枠を活用する学校推薦型。在学中の成績や課外活動実績が重要で、面接やプレゼン、適性検査などを行う場合もあります。

■総合型選抜
書類審査+面接などで判定が行われる“学習意欲が問われる”形式です。大学によってその内容は多種多様で、厳しい出願要件や模擬授業への参加が求められる場合もあります。

新しくなる大学入試に対応するためには

2021年4月入学者から新しくなる大学入試。もちろん高校や塾の先生が準備をしてくれますが、注意すべきは、大学入試が新しくなる過程の中で急な変更などが起きること。自分でも志望校のWebサイト等で入試の情報を集めるように心がけましょう。

大学入学共通テストとは…

これまで「大学入試センター試験」と呼ばれていたテストが、名前を変えて一部内容が変更されたものです。これまでの内容に加え、“思考力・判断力・表現力”が必要な試験になるとされていますが、勉強すべき内容が大きく変わるわけではありません。

2020年度から変わる大学入試

2020年秋時点で確定している大学入学共通テストの主な変更点は
①「数学Ⅰ・A」の試験時間が60分から70分へ
②英語の得点配分が筆記200点・リスニング50点からリーディング100点・リスニング100点へという2つ。
しかし2021年度以降、さらに変更が加えられる可能性もあります。

どうすればいいの?

情報収集を積極的にやりましょう

大学入学共通テストの変更に加えて、この機会に入試の内容を変える大学が出てくることも想定されます。また2021年度以降は、さらに入試の内容が変わる可能性もあるので、受験勉強と並行して、積極的に入試情報を収集する習慣をつけましょう。